M字部分の発毛促進ロニタブ

ロニタブは、インドの大手医薬品メーカーであるインタスファーマ社が販売しているAGA治療薬ミノタブのジェネリック医薬品です。もともと血管拡張剤として高血圧の患者に処方されていた医薬品ですが、発毛促進効果が発見され1980年代から発毛促進剤として製品化されました、メーカーによって作られているロニタブは、成分ミノキシジルの配合量が5mgと10mgの2種類があります。従来のミノキシジル外用タイプのAGA治療薬と比べて効率よく効果が現れます。
ロニタブの主成分はミノキシジルというもので、主に血管を拡張して血液の流れを促進します。血行が改善することで毛細血管から毛乳頭へ栄養を行きわたらせることができるようになるため頭頂部や生え際(M字部分)の発毛が促進されます。そのためロニタブは女性でも服用することができます。またプロペシア、ザガーロとの併用治療も可能です。ミノキシジル配合の外用薬に比べ、ロニタブのような内服型の方が吸収率が高く、より高い発毛効果が期待できます。

ロニタブの使用方法ロニタブ
ロニタブは、1日1錠を、水かぬるま湯で服用します。水以外の飲み物と一緒に服用しても、薬の効果に問題はありません。グレープフルーツジュースと同時に飲むことは、薬の効果が弱くなるので避けておいたほうが良いです。
基本的に成人の発毛・育毛に際しては1日2.5mg~5mgとしています。 5mgと10mgがありますが、はじめは5mgからの服用をおすすめします。5mgで効果が薄いと感じたら、10mgに切り替えましょう。
配合率が高くなればその分効果は出やすくなりますが、その分副作用が大きく出てしまう場合があるため、体調体質をみながら調節してください。
食前でも食後でも飲むことが可能ですが、空腹時に飲むと胃に負担がかかりますので、食後に飲むことがおすすめです。
胃腸が弱い人は特に胃腸への負担が懸念されますので、空腹時に飲まないほうが良いでしょう。

高齢者の場合、服用は2.5mgから始めるのが好ましいとされています。

ロニタブの副作用
ロニタブの副作用として、嘔吐・めまい・動悸・血圧低下・むくみが報告されています。これらの副作用は軽微ですが、改善されない場合はかかりつけの医師にご相談下さい。
もともとロニタブは高血圧症のための薬なので、血管拡張作用があるため、血圧を下げる副作用があります。血圧の正常な人が服用すると低血圧になる可能性があります。 その他、狭心症や反射性頻脈などを併発させる可能性もあるので、可能であれば交感神経抑制剤も一緒に服用しましょう。 特に心筋梗塞の経験がある人は、心臓付近の血管も拡張して血圧が変化することで再発してしまう恐れもあるので注意が必要です。
降圧剤を含めた他の医薬品を処方されている人も、服用に際しては医師の支持に従いましょう。

★薄毛治療薬

人気育毛剤

★ジェネリック薬の価格と維持時間
ジェネリックの徹底比較

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売