ロニタブの効果

ロニタブは、インドの大手医薬品メーカーであるインタスファーマ社が販売しているAGA治療薬ミノタブのジェネリック医薬品です。もともと血管拡張剤として高血圧の患者に処方されていた医薬品ですが、発毛促進効果が発見され1980年代から発毛促進剤として製品化されました、メーカーによって作られているロニタブは、内服薬・外用薬の2種類があり、内服薬のほうが直接的に体内に有効成分を吸収できるために、育毛効果が高いと考えられています。外用薬は頭皮に直接塗り込む為、部分的な治療には最適です。ただデメリットとして生え際には使えないというのと、製品によっては匂いが気になることがあります。

ロニタブはジェネリック医薬品なので、成分もミノタブと同様にミノキシジル配合しています。ミノキシジルは血管を拡張できる効果があるので、血流を良くして頭皮に栄養素を供給できるようになります。ミノキシジルの作用で、毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化が期待できます。
血管平滑筋を弛緩する作用があり、血圧を下げる効果があるために高血圧治療薬の成分としても使われています。そして血行促進されることで、発毛効果が高いと見られています。また、即効性があるのが人気となっています。