薄毛にならない予防対策の紹介

①正しくないシャンプー習慣

間違ったシャンプー選びやシャンプーのやり方など、正しくないシャンプー習慣も、抜け毛や薄毛につながってしまいます。

シャンプーは、物によって洗浄力や含まれている洗浄成分も違います。ご自身の頭皮に合わないシャンプーを使い続けていると、洗浄力が強すぎて必要な皮脂や常在菌まで取り除いてしまう、 洗浄力が弱すぎて汚れや余計な油分がしっかり落とせない、このような状態になり、頭皮の炎症を招いてしまうのです。

正しく洗えていない場合でも、以上のようなトラブルが起きる危険があります。薄毛について悩んでいるなら、自分にあったシャンプーを選んで、正しくシャンプーすることを心がけましょう!

②生活習慣の乱れ

まずは、生活習慣の乱れを改善するための対策をご紹介します。 睡眠不足、過度な飲酒・喫煙、ストレスは、髪や頭皮に悪い影響を与え、薄毛を促進させてしまう可能性があります。

睡眠不足は、髪の成長に不可欠な成長ホルモンの分泌量を減らしてしまうだけでなく、ホルモンバランスを乱し、血行不良を引き起こすこともあります。

質の良い睡眠を確保するためにも、睡眠時間はしっかり6〜8時間とり、スマホをいじったりテレビを観たりと、脳を活性化させてしまうような行動はできるだけ寝る前に行わないように心がけましょう。

また、過度な飲酒・喫煙・ストレスも血管を収縮させ、血行不良を引き起こす恐れがありますので、髪や頭皮の健康にとっては大敵。

髪の成長にはさまざまな栄養が必要ですが、その栄養を頭皮まで運んでいるのは血液です。血液のめぐりが悪いと、頭皮まで栄養が行き届かなくなってしまいます。

飲酒は適度に抑え、できればタバコは徐々に本数を減らして止めるための準備を始めるべきでしょう。

ストレスは、軽い運動や没頭できる趣味を見つけて、時折発散してあげられると良いですね!生活習慣の乱れは早めに改善しておきましょう。

③栄養バランスの悪い食事

栄養バランスの悪い食事は、抜け毛や薄毛を助長してしまいます。髪の毛の原材料といえば、タンパク質の一種であるケラチン。このケラチンの合成には、さまざまな栄養素が関係しています。

例えば、食べ物から取り込んだタンパク質を一度アミノ酸に分解する際にはビタミンが、また、アミノ酸をケラチンに再合成する際に亜鉛が必要になる…など。

だからこそ、健やかな髪の毛や頭皮を保つためには、栄養バランスのいい食事をとる必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です