食事で若はげ対策しよう

若ハゲの対策をとしては、栄養バランスの食事が大切です。しかし、現代社会で、どうしても乱れてしまう傾向があります。このような状況を招く原因といえば、高脂肪高カロリーの食事が氾濫しているからです。また、便利さのあまり偏ってしまうことが多いインスタント食もそうです。これは我々の体内のバランスを破壊してしまいます。若いけど、ハゲになる残念なことが出ます。さらに急に増加しています。自分のために、偏りがちな栄養を見直して、ハゲ対策を始めましょう。若ハゲ予防、防止する必要な栄養素が三つがあります。それから一つずつ説明します。

1.頭皮環境を整える栄養素

頭皮環境を’整えるために、ビタミンA、ビタミンB群がとても需要です。ビタミンAは老廃物の排出を助けて、頭皮環境を整える働く効能があります。ビタミンAは頭皮の乾燥やフケ症に悩んでいる方に必要な栄養素です。頭皮や毛穴を清潔な状態で維持する働きがあります。たとえば、レバーやうなぎ、ほうれん草などの緑黄色野菜です。または、ビタミンB群にも新陳代謝を促して、頭皮環境を整える働きがあります。そして、ビタミンB群には頭皮細胞の生成を助ける、血行促進、頭皮の酸化防止などの効果もあります。たとえば、レバーやマグロ、サバなどの魚介類。玄米、大豆などの豆類や、緑黄色野菜にも多く含まれています。

2..髪の毛の材料となる栄養素

髪の毛の材料となる栄養素は、亜鉛とタンパク質があります。亜鉛はこの髪の毛の主成分「ケラチン」の構成に必要があるミネラルです。亜鉛は現代人に不足しがちなミネラルであり、日本人が摂取しにくい栄養素なので意識して摂る必要があります。亜鉛を多く含む食材は、うなぎや牡蠣などの魚介類、ひじきなどの海藻類及びアーモンドなどのナッツ類です。またはタンパク質は髪の毛の主成分であるケラチンの合成に必要です蛋白質には肉や魚類に含まれる動物性タンパク質と、大豆などに含まれる植物性タンパク質があります。

3.体の調子を整える栄養素

この二つに加えて、体の調子を整える栄養素も必要です。それはビタミンC、ビタミンE、大豆イソフラボンがあります。ビタミンCは抗酸化作用のあり、頭皮のコラーゲン生成を助けるほかに、抗ストレスホルモンの分泌を促す働きがあるからです。若ハゲの原因は主にストレスです。抗ストレスホルモンの分泌量が増えることで、ストレスによる若はげを予防ができます。レモン、赤ピーマン、黄ピーマン、パセリも豊富に含まれています。またはビタミンEは血行促進、代謝向上などに効果的です。ビタミンEには活性酸素を除去する抗酸化作用があり、動脈硬化や成人病を抑制する働きがあります。ビタミンEはいくら、鮎、いわし、たらこなどの魚介類に多く含まれています。

日頃の食事で若はげを予防・改善しましょう。